INTERVIEW 06 橋本信二・梶原まり子 SHINJI HASHIMOTO / MARIKO KAJIWARA

【橋本信二】1948年生まれ、東京都台東区出身。ギタリスト。高校時代よりプロのギタリストとしての演奏を開始し、1970年代後半より本格的にライブハウスで活動を始める。
【梶原まり子】1948年生まれ、東京都吉祥寺出身。ヴォーカリスト。その天性の声で学生時代よりジャズ界隈から注目を集める。1999年にジャズクラブ「Gate One」を高田馬場にオープン。

生の演奏でしか伝わらない大切な何かがジャズにはある

[P] ENZO / [HM] MADOKA TAKEDA / [TEXT] TAKAHIRO OYAMA

日本ジャズ界のレジェンド、重鎮の二人と呼んで間違いないだろう。ジャズシンガーの梶原まり子さんと、ギタリストの橋本信二さんのご夫婦は、都内を中心に積極的にライブ活動を展開してきた大ベテランのジャズミュージシャンであり、高田馬場のジャズクラブ「Gate One」のオーナーでもある。長年日本のジャズシーンの第一線で活躍してきた二人は、いま何を思い、何を伝えようとしているのか。時にシリアスで、時に夫婦漫才かのような、レジェンド二人のインタビューをお届けしよう。(後編)

クラシックからジャズの世界に
たくさんの出会いによってジャズシンガーへ

――まり子さんは国立音楽大学出身で、当時はクラシックだったんですよね?

梶原まり子(以下、まり子)「そうですね。大学の時はクラシック音楽漬けだったんですけど、勉強ってあんまり面白くないじゃないですか。それでジャズ喫茶に行くようになって。ジャズとはリズムが合ったんでしょうね。クラシック以外は“Yesterday”しか知らなかったんですけど、ジャズ・ピアニストの世良譲と知り合いになって、ナイトクラブなんかへ連れて行ってもらってジャズをたくさん教えていただいて。そうやっていろんな方との出会いがあって、自然にジャズシンガーとして歌うようになりましたね」

――信二さんは音楽との出会いはいつぐらいだったんですか?

橋本信二(以下、信二)「中学2年生の時かな? ベンチャーズがすごく流行った時期があって。それに影響されて、親にねだってエレキギターを買ってもらったんです。それっきりギターに夢中になって。そのうち、高校2生ぐらいからいろんな芸能事務所に声を掛けられるようになって、歌謡曲のバックバンドの仕事をやるようになってたんです」

――お二人とも若いころからお仕事として音楽に接して来られたんですね。

まり子「そういう時代でしたね。大人の遊び場には必ずバンドがいるっていう時代でしたから」

信二「どんなに断っても仕事が来るようになっちゃって、それで音楽で食べていくようになった。でも実はね、僕は覚悟を持ってたんですよ。もし音楽で食えなかったら、屋台のラーメン屋さんをやろうと思ってたんです」

まり子「何も料理できない人がよくそんなこと考えてたね(笑)。自分の食べたお皿も洗わないのに」

信二「いやいやホントに。二十歳の時からそう思ってたの」

――まり子さんは信二さんみたいに「音楽で食っていくんだ」って気持ちはあったんですか?

まり子「私は何も考えてなかった。その時その時でやりたいと思ったことをやって、今までやって来たから。感じたままにね(笑)。この歳になっても、好きなことを正直にやってます。そう考えると、すごくラッキーな音楽人生かも。私ってラッキーね」

情報だけでは伝わらないものが音楽にはある
生のジャズを体感する大切な時間を提供したい

――お二人の出会いって、どんな風だったんですか?

まり子「出会いはね、ある時パブでライブをしたことがあって。革ジャン着て、すっかり酔っ払って演奏してるギタリストが一人いて(笑)。ギターを弾きながら自分が写ってるモニターばっかり気にしてて。全然音楽に集中してないじゃないって呆れちゃったんですけど。それが最初の出会い。でも音には本当にビックリしました。音を聞いて、圧倒されてたのを今でも覚えてますね」

信二「へへへ、集中してなくても良い音は出せるんだよ、俺は(笑)」

まり子「まさかこんな自惚れ屋だとは知らなくてね(笑)」

――信二さんはまり子さんの第一印象を覚えてますか?

信二「第一印象? もちろん覚えてますよ…………もう忘れちゃったけどね」

まり子「覚えてないんじゃない(笑)」

信二「ハッハッハ。でもちゃんと覚えてます、あの時の彼女の顔は。僕はね、若い頃はあんまり歌を積極的に聴く方じゃなかったから、まり子と一緒になってからいろんな歌を聴くようになって、ミュージシャンとしてすごく勉強になりましたね」

――きっと夫婦としてだけじゃなくて、音楽家としてのお互いの尊敬の気持ちも大きいんでしょうね。

まり子「それがないととっくに別れてますよ(笑)」

信二「僕はね、まり子はミュージシャンの妻の鑑だと思ってますよ」

まり子「こういう時だけゴマすって(笑)。ミュージシャンって演奏の技術だけじゃなくて、自分をアピールして営業するようなところも必要なんだけど、この人はただひたすら自分の音楽に夢中で、自分をアピールするなんてことは全然できなくて。でも、それだけが信ちゃんの取り柄かもしれないですね」

――不器用で、自分の音楽に真っ直ぐで。そんな信二さんの音楽人生をまり子さんが支えてきたんですね。

信二「そうですね、支えてくれちゃいましたね」

まり子「もうそろそろ私が支えてほしいんですけど(笑)。でも真面目な話、高田馬場でGATE ONEってお店を初めて18年経つんですけど、今まで続いてるのは信ちゃんの存在あるからだと思います。彼の音楽に対する姿勢に、素晴らしいミュージシャンが集い、お客さんにもそれが伝わって、このお店の空気を作っているんだと思います」

信二「僕にとっても本当にありがたいですね、自分のギターを鳴らせるホームグラウンドがあるというのは」

――長年、日本のジャズ界の第一線で活躍してこられたお二人から見て、今のジャズシーンというのはどう写っているのでしょうか?

信二「ライブハウスでジャズを聴く人が少なくなっちゃいましたよね。若い人はインターネットでいくらでも情報が収集できるから、ライブハウスに足を運ぶ機会が少なくなってるんじゃないかな」

まり子「でも、生の音楽を聴かないと、情報だけじゃ伝わらないものがジャズにはありますからね。ゆったりと生の音楽に触れる時間を持ってもらいたい。音楽の楽しみ方も変わっているのかもしれないけど、GATE ONEに来ていただいたお客さんには、生の音楽を存分に楽しんで行ってもらいたいと思います」

前編へ

MOVIE

LIVE

  • 2017.09.30 (SAT)
    荒武裕一朗(p)、三嶋大輝(b)、梶原まり子(vo)
    【東京都】銀座 季立(東京都千代田区有楽町2-3-6 マスヤビルB1F)
  • 2017.09.29 (FRI)
    松崎加代子(vo)、橋本信二(g) 
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.21 (THU)
    『Roselili』 やまざきさえこ(vo)、山田夢子(vo)、Nahomi(vo)、橋本信二(g)、小杉敏(b) 
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.20 (WED)
    UG(vo)、橋本信二(g)
    【東京都】中野・スウィートレイン(東京都中野区中野5-46-5 岡田ビルB1)
  • 2017.09.19 (TUE)
    橋本信二(g)、大口純一郎(p)、梶原まり子(vo)
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.14 (THU)
    マミコバード(vo)、橋本信二(g)
    【東京都】学芸大学 珈琲美学(目黒区鷹番2-19-20-B1)
  • 2017.09.13 (WED)
    荒武裕一朗(p)、三嶋大輝(b)、 梶原まり子(vo)
    【東京都】新宿 polka dots(新宿区新宿3-8-2 クロスビル4F)
  • 2017.09.13 (WED)
    『Roselili 』 やまざきさえこ(vo)、山田夢子(vo)、Nahomi (vo)、橋本信二(g)、小杉敏(b)
    【千葉県】柏 スタジオ WUU(千葉県 柏市 柏1-5-20プールドゥビル 5F)
  • 2017.09.12 (TUE)
    甲斐久仁江(vo)、橋本信二(g)
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.08 (FRI)
    『昭和子供バンド』 橋本信二(g)、大口純一郎(p)、小杉敏(b)、村上寛(ds)、梶原まり子(vo)
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.06 (WED)
    石川早苗(vo)、橋本信二(g)
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.05 (TUE)
    中山拓海(as)、橋本信二(g)、永武幹子(p)、勝矢匠(b)、吉良創太(ds)
    【東京都】高田馬場 Gate one(新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル東館B1)
  • 2017.09.03 (MON)
    橋本信二(gt)、北島佳乃子(pf)、金森もとい(b)、山田玲(dr)
    【栃木県】宇都宮 一芸館(栃木県宇都宮市新里町丁596-12)
  • 2017.09.01 (FRI)
    『ごめんね』 後藤輝夫(ts)、橋本信二(g)、金子雄太(org)、小泉高之(ds) 
    【東京都】町田 Nica's(町田市森野1-13-22 渋谷ビルディング3F)